アヤナスの口コミを信じて敏感肌30代がアヤナスを試した結果!?

アラサー女子のアヤナストライアル

アヤナスの成分「コウキエキス」でデリケート肌を守ろう

更新日:

コウキエキスとは、コウキ(黄杞)という植物の葉から抽出したエキスのことです。

クルミ科の常緑樹であるコウキは肥満防止、解熱、解毒、健胃の効能があり、原産地の中国南部ではお茶として飲まれているのだそう。ただし長く飲んで発揮される穏やかなもので、普段は薬効よりも健康茶として愛飲されています。

葉のエキスには消炎や鎮痛作用があることから化粧品の成分としても注目されています。特に敏感肌や乾燥肌などデリケートな肌質に向けて有効な働きを期待されています。飲んで良しエキスを塗って良しの非常に役立つ植物と言えますね。

フラボノイドの一種、アスチルビンの優れた効用

コウキに含まれるアスチルビンという抗酸化作用や抗アレルギー作用のある成分が活性酸素のダメージから肌を守ってくれます。

トラブルを起こしやすい肌質はバリア機能が低下している傾向にあるので、外的刺激(ホコリ、花粉)を受けて「微弱炎症」を起こします。

微弱炎症とは免疫システムの過剰反応で、肌の内部で炎症が起き奥にある弾力や保湿の基になるコラーゲンを壊してしまうのです。そこでアスチルビンの作用で炎症を鎮め外部刺激が入り込まないようスムーズなターンオーバーができる肌にしていく必要があります。

肌の生まれ変わりを促がすことで、アンチエイジングや色素沈着を防いで美白の手助けをするなど、アスチルビンはデリケート肌の味方です。

また肌の老化には「糖化」によって糖化最終産物が増えすぎると肌が黄ばんだり弾力が失われることもわかっています。コウキエキスには抗糖化作用があるので敏感肌や乾燥肌にもやさしく効果を発揮します。

メラニンを抑えて美白効果大

コウキエキスの持つ消炎作用が敏感肌の人が起こしやすい微弱炎症を回避するとお話しましたが、もう一つの特徴としてメラニンの抑制作用の高さがあげられます。

紫外線には肌の真皮に届いて弾力を失くすUVA(A派)、表皮の炎症を引き起こすUVB(B派)があります。強い日焼けよりも怖いのは、赤くならないのに肌の真皮にまで届いてしまうUVAです。

コウキエキスのメラニン抑制作用は日焼けのダメージを回復させる手助けになります。また消炎作用は乾燥肌のバリア機能の回復に役立ちますので、強い日焼け止めを塗れない敏感な肌に大変ありがたい働きをするでしょう。

美白には外側の紫外線対策も必要ですが、肌のバリア機能で内側から守ることも大切なことです。しっかりとメラニンを抑制して美しい白い肌を保ちたいものですね。

私のカサカサ肌を変えてくれたのはアヤナス!

乾燥性敏感肌に悩む私が、ヒフミドやビーグレンなど、さまざまな乾燥肌化粧品を試した中で一番良いと感じたのが「アヤナス」です。

アスタリフトも魅力だったんですが、コスパ的に20代のお財布ではまかなえず…(もう30代ですが…)

コスパと効果のバランスが良いアヤナスは1,480円のトライアルから試せるので、ぜひ一度ためしてみてくださいね。

>>アヤナストライアルセットはこちら


-アヤナスの成分

Copyright© アラサー女子のアヤナストライアル , 2017 All Rights Reserved.