アヤナスの口コミを信じて敏感肌30代がアヤナスを試した結果!?

アラサー女子のアヤナストライアル

アトピーは体にどんな影響をもたらすの? アトピーと乾燥肌の関係性

更新日:

生まれつきアトピーの方もいらっしゃるかと思います。

敏感肌や乾燥肌よりも更に丁寧なケアが必要なアトピーについて調べてみました。

【アトピーとは何か】

アトピーとは簡単に言うとアレルギーの一種です。アレルギーの中でも食べると湿疹や喘息が起こるアレルギーとは違います。

アトピーには体の外的刺激が関係しており、アレルギー性皮膚炎の一つです。外からのほんの少しの強い刺激でも体がかゆくなり、同じところばかり湿疹ができてしまうのが特徴です。

アトピーと敏感肌や乾燥肌の関係性

アトピーとは敏感肌や乾燥肌と関係していることもあります。外的刺激とは季節の移り変わり、刺激のあるクリームをつけた結果湿疹になったりします。乾燥肌や敏感肌を持ち合わせているとアトピーに余計に影響します。乾燥すると肌が荒れますが、加えてアトピー体質が含まれていると肌が少し荒れるだけではなくてどんどんかゆみをもたらしたり、肌の処理をしても追いつかず、大きな範囲になって荒れてしまうのがアトピーと敏感肌や乾燥肌の関係性です。

アトピーの危険性

アトピー自体は免疫力がついてくればほとんどは重大な問題でもありませんが、子どもにアトピーがある場合は要注意です。

子どもは水ぼうそうなどの肌の病気を引き起こしやすく、アトピー体質があれば、水ぼうそうや他の病気が手を打つ前に酷くなるケースもあります。

アトピーの場合、化粧品を選ぶのにコツがいる

アトピーや敏感肌や乾燥肌の場合化粧品を選ぶときに注意が必要です。基本的に子ども用と書かれている商品であれば敏感に感じる成分が少ないく、デリケートな部分にも塗ることができるのでオススメです。

アトピーは敏感に感じる成分があるとすぐに肌への反応が表れてしまうので、化粧品選びにもコツがいります。

当サイトでご紹介している「アヤナス」はアトピーの方でも問題なく使用されています。またアヤナスよりもさらに低刺激な「つつむ」という製品もあります。

ディセンシアの商品はしっかりとしたアレルギーテストを行っていますが、人によっては合わない方もいるので、まずはトライアルセットからお試ししてみるのをオススメします。

アトピーは簡単に処置出来る肌ではありません。元々アレルギー性アトピーの皮膚炎の場合、何を行うときでも注意を払ったり、肌のことを気にしなければいけません。

アトピー自体は怖い病気ではなくてもアトピーが影響して別の病気を引き起こしてしまう可能性もあります。化粧品もあまりつけないのが一番ですが、日焼け止めクリームだけは紫外線予防のために塗りたいですよね。そんな時は子ども用と書かれた日焼け止め乳液を選ぶか、「アヤナス」と同じディセンシアの「つつむ」の「デイ モイスチャーヴェール(SPF16 PA++)」だと優しく保湿しながら日焼け止め対策もすることができるでしょう。

私のカサカサ肌を変えてくれたのはアヤナス!

乾燥性敏感肌に悩む私が、ヒフミドやビーグレンなど、さまざまな乾燥肌化粧品を試した中で一番良いと感じたのが「アヤナス」です。

アスタリフトも魅力だったんですが、コスパ的に20代のお財布ではまかなえず…(もう30代ですが…)

コスパと効果のバランスが良いアヤナスは1,480円のトライアルから試せるので、ぜひ一度ためしてみてくださいね。

>>アヤナストライアルセットはこちら


-敏感肌・乾燥肌の基礎知識

Copyright© アラサー女子のアヤナストライアル , 2017 All Rights Reserved.