アヤナスの口コミを信じて敏感肌30代がアヤナスを試した結果!?

アラサー女子のアヤナストライアル

乾燥肌や敏感肌の人が気をつけたい洗顔のポイントは?

投稿日:

お肌の潤いがなくカサカサしてしまう乾燥肌。

歳を取るとともに乾燥肌の人は増えますし、間違ったスキンケアや普段の生活習慣なども乾燥肌の原因になってしまいます。

そしてそんな乾燥肌を放置していたり間違ったスキンケアを続けていると、最終的に敏感肌になってしまうことも…。

実際に敏感肌で、「かゆみを感じたり使えるスキンケアアイテムが限られていて困る…」という悩みを抱えている人も多いはず。

そこでこの記事では、乾燥肌や敏感肌の人が普段心がけたいスキンケアの基本「洗顔」についてご紹介します。

洗顔料は十分に泡立てる

乾燥肌や敏感肌の人の洗顔のコツは、「洗顔料を十分に泡立てて、泡で優しく洗う」ということです。

間違っても洗顔フォームをそのままつけてゴシゴシこするようにして洗ってはいけません。

乾燥肌や敏感肌の人はお肌のバリア機能が低下している状態ですから、ゴシゴシとこすってしまうとお肌にダメージを与えてしまう恐れがあります。

泡立てが上手にできない…という人は、市販の泡立てネットを使うと良いですよ。

ぬるま湯で洗う

洗顔の際は、顔を洗うお水の温度も大事。

最もNGなのは熱いお湯で洗うこと。お肌の皮脂まで洗い流してしまい、乾燥肌や敏感肌をさらに悪化させてしまいます。

逆に冷たい水で洗うのは、毛穴を閉じてしまって汚れが落とし切れないこともあります。

ということで、顔を洗う際には32度前後のぬるま湯で洗うのがベストですよ。

洗顔後はすぐに保湿

洗顔の直後というのはお肌が濡れている状態なので、なんとなく潤っているような気がしてしまいますね。

でも、濡れた肌をそのままにしていると、逆にお肌の中の水分まで一緒に蒸発してしまいます。

なので、洗顔後は時間を置かずにすぐ保湿するというのはとても大事です。

特に夜は入浴中にクレンジング・洗顔をするという人も多いと思いますが、入浴後にゆっくり着替えてから保湿をしようとすると、すでにお肌の水分は蒸発していた!なんてことにもなりかねません。

これを防ぐためには、入浴後はすぐに着替えて保湿するか、一旦バスタオルを巻いたりバスローブを着てから保湿タイムを設けるようにしましょう。

洗いすぎない

暑い季節などはついつい顔を1日何回も洗いたくなりますが、これも乾燥肌・敏感肌には良くありません。

顔を洗いすぎても、お肌が本来持つ皮脂や天然の保湿因子などが洗い流されてしまう場合があるからです。

顔を洗うのは1日2回までにし、洗浄力の強すぎる洗顔料を使うのは控えましょう。

私のおすすめはこれ!

乾燥性敏感肌に悩む私が、ヒフミドやビーグレンなど、さまざまな乾燥肌化粧品を試した中で一番良いと感じたのが「アヤナス」です。

アスタリフトも魅力だったんですが、コスパ的に20代のお財布ではまかなえず…(もう30代ですが…)

コスパと効果のバランスが良いアヤナスは1,480円のトライアルから試せるので、ぜひ一度ためしてみてくださいね。

>>アヤナストライアルセットはこちら


-乾燥肌の基礎知識

Copyright© アラサー女子のアヤナストライアル , 2017 All Rights Reserved.