アヤナスの口コミを信じて敏感肌30代がアヤナスを試した結果!?

アラサー女子のアヤナストライアル

敏感肌・乾燥肌はどんなクレンジングをすればいいの?

更新日:

敏感肌や乾燥肌に悩んでいる方というのは意外に多くいらっしゃいます。

化粧水や乳液などのスキンケアには気を配っていても、クレンジングは化粧が落ちればいいとそこまで気にしていない方もいるかもしれません。

しかしクレンジングも大事なスキンケアの一つ。
間違ったクレンジング方法を続けていると、敏感肌や乾燥肌がさらに悪化してしまうことも。

ここでは、敏感肌や乾燥肌の人のクレンジング方法についてご紹介します。

大事なのはクレンジング選び


最近は手軽なふき取りシートタイプからオイル・リキッド・ジェルなど、様々なタイプのクレンジングが発売されていますが、さまざまな美容成分に対して敏感に反応してしまう方や潤いが不足している方こそ自分のお肌に合うクレンジングを選ぶことが大事。

おすすめなのは、ミルクタイプやクリームタイプのクレンジング。

アヤナスと同じディセンシアシリーズには、「つつむジェントルウォッシュ」という敏感肌にも優しいクリームタイプのクレンジングがあります。

こちらであれば、ふき取りシートやオイルタイプと比べて洗浄力がマイルドな分お肌への負担が少ないためトラブルも起きにくいと言われています。

さらに他のクレンジングと比較してお肌に潤いが残りやすいというのも嬉しいポイントですね。

特に乾燥が気になるという人は、つつむジェントルウォッシュのような保湿成分の含まれたクレンジングを選ぶと良いでしょう。

ただ、いずれにしてもアイメイクを落とす際にゴシゴシと擦ってしまわないように専用のリムーバーで落とすようにしましょうね。

クレンジングの方法

クレンジングの際に心がけたいのは、「お肌をゴシゴシと擦らない」ということです。

お肌には摩擦は厳禁。お肌をダメージから守るバリア機能が壊されてしまうことで、敏感肌や乾燥肌が悪化してしまう恐れがあります。

高いクレンジングを買ったから少しだけ使う、などもお肌をこすってしまう原因になります。ケチらずに必ず決まった量を使うようにしましょう。

皮脂の分泌の多いTゾーンから順番に、Uゾーン、目元・口元という順番で優しくなじませていきましょう。

長時間クレンジングを顔に乗せすぎていると逆に良くないので、1分程度で手早く洗い流すのもポイントです。

クレンジング後の洗顔・保湿も大事

クレンジング後は洗顔をしますが、その洗顔料も洗浄力の強すぎるものを選んでしまうとせっかくクレンジングにこだわった意味がないので要注意。

オススメなのはやはり敏感肌用に開発された洗顔石鹸を使うこと。乾燥が気になる方は、保湿成分入りの洗い上がりしっとりタイプを選ぶと良いですね。

そして洗顔後はすみやかに保湿。化粧水を使う際には、手で化粧水を温めてからゆっくりと押し込むようにつけていくと浸透力が強くなりお肌の潤いもアップしますよ。

私のカサカサ肌を変えてくれたのはアヤナス!

乾燥性敏感肌に悩む私が、ヒフミドやビーグレンなど、さまざまな乾燥肌化粧品を試した中で一番良いと感じたのが「アヤナス」です。

アスタリフトも魅力だったんですが、コスパ的に20代のお財布ではまかなえず…(もう30代ですが…)

コスパと効果のバランスが良いアヤナスは1,480円のトライアルから試せるので、ぜひ一度ためしてみてくださいね。

>>アヤナストライアルセットはこちら


-敏感肌・乾燥肌の基礎知識

Copyright© アラサー女子のアヤナストライアル , 2017 All Rights Reserved.