アラサー女子のアヤナストライアル

アヤナスの口コミを信じて敏感肌30代がアヤナスを試したら!?

敏感肌・乾燥肌はどんなクレンジングをすればいいの?

更新日:

敏感肌や乾燥肌に悩んでいる人は本当にたくさんいますよね。そんな方は乾燥を招くイメージからあまり刺激の強いクレンジングは使いたくないと思うかもしれません。

しかしクレンジングも大事なスキンケアの一つ。お肌のお手入れの基本はメイクをきちんと落として、まっさらな肌に戻すところから始まります。

乾燥がひどくなりそうだからとやみくもに間違ったクレンジング方法を続けていると、乾燥肌がさらに悪化してしまうことも。

ここでは、敏感肌や乾燥肌の人のクレンジング方法についてご紹介します。

このページのおすすめクレンジングは「つつむ」です⬇⬇

【通常使用】つつむトライアルセット

大事なのはクレンジング選び

どうしてクレンジングが必要なの?と思うかもしれませんが、メイクには少なからず油分が含まれているので、きちんと取り切らないと酸化して肌に悪影響を及ぼしてしまいます。ですのでメイクの油分をきちんと落とすことがクレンジングの目的となります。

クレンジングには油分をなじませて落とすための「界面活性剤」が含まれています。界面活性剤には水と油という決して混ざり合わないもの同士をくっつける作用があるので、その界面活性剤の力でメイクの油分を乳化させて落とすのです。

最近は手軽なふき取りシートタイプからオイル・リキッド・ジェルなど、様々なタイプのクレンジングが発売されていますが、これらはどう違うのでしょうか?

特に敏感肌や乾燥肌の方におすすめなのが、ミルクタイプやクリームタイプのクレンジングです。

普段のメイクが濃い場合にはもう少し洗浄力が強いタイプが良い場合もありますが、普段から薄いメイクの方であれば十分に落ちます。

 

クレンジングの種類と肌への負担

洗浄力 タイプ 内容 適した肌質
強い シートタイプ 即効性を重視しているので界面活性剤が強め。肌への刺激も強い。拭き取りタイプは肌への摩擦もあるため刺激も気になります。 オイリー肌、ノーマル肌
強い オイルタイプ オイル自体に油分を落とす働きがあり、サラっと簡単に落ちるので人気が高いですが、こちらも界面活性剤は多め。皮脂も一緒に落としてしまうので肌への刺激は強いです。 オイリー肌、ノーマル肌
普通 ジェルタイプ 水をベースに界面活性剤を入れたタイプ。界面活性剤の量が多めなので人によっては負担が大きい。みずみずしい感触で洗い上がりがさっぱりする。 オイリー肌、ノーマル肌
弱め ミルク(乳液)タイプ  さらに水分が多く界面活性剤は少なめ。洗い流しやすく保湿力も高めなので、敏感肌の人向き。普通メイクや薄めメイクの方に。  乾燥肌、敏感肌、ノーマル肌
弱め クリームタイプ  油分を多くして界面活性剤は少なめ。肌への優しさと洗浄力のバランスが良い。  乾燥肌、敏感肌、ノーマル肌

アヤナスと同じディセンシアシリーズには、「 つつむジェントルウォッシュ 」という敏感肌の人に最適化されたクリームタイプのクレンジングがあります。

こちらであれば、ふき取りシートやオイルタイプと比べて洗浄力がマイルドな分、お肌への負担が少ないためトラブルも起きにくいと言われています。

普段から敏感肌の方や乾燥が気になるという人は、つつむジェントルウォッシュのような保湿成分の含まれたクレンジングがおすすめです。

ただし、いずれにしてもアイメイクは落ちません。アイメイクを落とす際にゴシゴシと擦ってしまわないように、アイメイクは専用のリムーバーで落とすようにしましょうね。

正しいクレンジングの方法

乾燥肌のクレンジングはここがポイント

  • お肌をゴシゴシこすらない
  • クレンジング剤をケチらない
  • クレンジングは1分程度で手早く洗い流す
  • 35度くらいのぬるま湯で洗い流す
  • クレンジング後は洗顔料も使用する

クレンジングの際に必ず心がけたいのは、「お肌をゴシゴシとこすらない」ということです。

お肌には摩擦は『厳禁』。お肌をダメージから守るバリア機能が壊されてしまうことで、敏感肌や乾燥肌がさらに悪化してしまう恐れがあります。

あとは高いクレンジングを買ったから少しだけ使う、という行為もお肌をこすってしまう原因になります。気持ちは分かりますが規定量を使わないと肌を痛める原因となる恐れがあり、そうなってしまうと本末転倒です。クレンジングはケチらずに必ず決まった量を使うようにしましょう。

馴染ませる順番は、皮脂の分泌の多いTゾーンから順番に、Uゾーン目元口元という順番で優しくなじませていきましょう。

長時間クレンジングを顔に乗せすぎていると、もともとある皮脂まで奪ってしまいます。クレンジングは1分程度で手早く洗い流すのもポイントです。

また洗い流すお湯は、熱すぎたり冷たすぎたりせず、35度程度のやや冷たく感じるくらいのぬるま湯で洗い流しましょう。

またクレンジングを使用した後は、必ず洗顔料も使用して『ダブル洗顔』しましょう。クレンジングは肌に付着した汚れや皮脂(角質)を落とす力はないので、洗顔料によりそういった汚れを落とします。

クレンジング後の「洗顔・保湿」も大事

クレンジング後は洗顔をしますが、その洗顔料も洗浄力の強すぎるものを選んでしまうとせっかくクレンジングにこだわった意味がないので要注意。

オススメなのはやはり敏感肌用に開発された洗顔石鹸を使うこと。乾燥が気になる方は、保湿成分入りの洗い上がりしっとりタイプを選ぶと良いですね。

そして洗顔後はすみやかに保湿。化粧水を使う際には、手で化粧水を温めてからゆっくりと押し込むようにつけていくと浸透力が強くなりお肌の潤いもアップしますよ。

先ほども紹介しましたが、アヤナスと同じディセンシアの「つつむ」シリーズは、“まもって” “うるおす”をコンセプトに、特に乾燥傾向の強い敏感肌をターゲットに、肌にとって本当に必要な成分を選び抜いて配合した高保湿スキンケアシリーズです。

トライアルセットには、クレンジングの他にも6種類のトライアル(洗顔ネットつき)が含まれていますので、試してみるだけでもおトクなセットです。

敏感肌や乾燥肌の方は、まず『自分の肌に合うか』という点も大切ですので、まずはトライアルから試してみて自分の肌にとって良い物かどうか判断してみてくださいね。

個人的には同じディセンシアの『アヤナスシリーズ』もおすすめです。「つつむ」との違いは「つつむ」の方がより乾燥に特化しているということ。実は「つつむ 」と「アヤナス」は組み合わせて使うことができるので、両方トライアルでお試ししてみつつ組み合わせて使ってみるのもオススメですよ。

「つつむ7点セット」
クレンジングから保湿までまとめてお試しできます
⬇⬇

【通常使用】つつむトライアルセット

 

「アヤナス」のお試しはこちら⬇⬇

【通常使用】アヤナストライアルセット

 

乾燥肌の私がアヤナスを試しました

before afterのイメージ

敏感肌+乾燥肌に悩んでいた私がアヤナスのトライアルセットを使い始め、45日間で肌の状態が大幅に改善しました!

そんなアヤナスの使用感のほか、ネットの口コミ検証、成分や効果についての考察など、アヤナスについて徹底レポートしています。

>>アヤナスの口コミ検証やレビューまとめはこちら

私のカサカサ肌を変えてくれたのはアヤナス!

乾燥性敏感肌に悩む私が、ヒフミドやビーグレンなど、さまざまな乾燥肌化粧品を試した中で一番良いと感じたのが「アヤナス」です。

アスタリフトも魅力だったんですが、コスパ的に20代のお財布ではまかなえず…(もう30代ですが…)

コスパと効果のバランスが良いアヤナスは1,480円のトライアルから試せるので、ぜひ一度ためしてみてくださいね。

>>アヤナスは1,480円から気軽にお試しできます!


-エイジングケアの基礎知識

Copyright© アラサー女子のアヤナストライアル , 2018 All Rights Reserved.