アヤナスの口コミを信じて敏感肌30代がアヤナスを試した結果!?

アラサー女子のアヤナストライアル

乾燥肌・敏感肌のスキンケアで大事な「3つのポイント」

更新日:

乾燥肌や敏感肌の方は、スキンケア商品や化粧品などが肌に合わず悩んでしまうことも多いのではないでしょうか。

女性の場合は、やはり素肌も綺麗に保ちたいですし、人前でメイクをして綺麗に見せることも日常生活で必要不可欠。

そこで今回は乾燥肌や敏感肌の方がスキンケアをする時に「どんなことに気をつけると良いのか」についてご紹介します。

まずは「保湿力」で選ぶこと

私たちの肌には、乾燥肌を始めいろいろなタイプがありますが、どの肌質でも重要なカギを握るのが保湿です。その理由は保湿をすると、一つ一つの肌の細胞が潤い、肌本来の機能を取り戻すように働くからなのです。

乾燥肌や敏感肌という時には、この潤いが足りないこともあります。潤いが足りなければ、細胞一つひとつに元気がなくなり、肌のバリア機能が乱れてしまいます。肌のバリア機能が乱れると今度は、肌のきめが崩れ、肌が傷つきやすく敏感になります。シワやたるみの原因になることも! 肌の危険な状態を避けるには、保湿力のあるスキンケア製品を選んで、肌に潤いを与えることが大切です。

できるだけ肌への負担が少ないスキンケアを選ぶ

スキンケア商品の中には、いろいろな成分が入っていますが、乾燥肌や敏感肌の人は、その成分によって刺激を受けやすいこともあるので、出来れば無添加、そして自然素材がベースになったものを選びましょう。

医薬品などが入っていると肌への刺激が強くなってしまいますが、自然素材のものは肌に優しくて安心です。

ただし、完全無添加やオーガニックをうたう商品などは「品質保持期限」が短かったり、化学物質が入っていない分、効果が薄かったりするので、自分に合うスキンケアを試しながら探すようにしましょう。

ちなみに当サイトで紹介しているアヤナスは「完全無添加」ではありませんが、保存料には肌へ影響がないフェノキシエタノールを使用しており、乾燥肌や敏感肌で悩む女性にクチコミなどで支持されています。

アヤナスはポーラが研究した科学の力で「乾燥肌・敏感肌」にアプローチすることをめざした商品なので、オーガニックや無添加といったものと方向性が異なりますが、乾燥肌・敏感肌の人には人気の商品です。

洗顔時、汚れを落とし過ぎない洗顔料を選ぶ

メイクをすると、肌に負担がかかるので「毛穴の汚れまでしっかり落とさなければ」と思ってしまいがちですが、メイクを落とすために十分すぎるほどの洗顔をしてしまうと、皮膚の余分な水分や皮脂などを落としてしまうことにもなりかねません。

結果、洗顔後に肌がつっぱったり、乾燥がひどくなることもあり、余計に肌に負担がかかってしまいます。

そのような状態を避けるためには、必要以上に水分や皮脂を失わない、肌に柔しい洗顔料を使用する必要があります。

アヤナスと同じディセンシアのつつむシリーズの「ジェントルウォッシュ」は洗顔しながら保湿するという2つの効果をもつ敏感肌用せっけんで、肌の皮脂を落としすぎずにしっかりと洗ってくれます。

ディセンシアのラインナップの中では、乾燥を伴うエイジングケアに「アヤナス」、より高保湿を求めるなら「つつむ」という位置づけになっています。

シリーズの商品は組み合わせて使えますし、単体でも購入できるので、まずはトライアルから試してみるのがいいですね。

【まとめ】乾燥肌・敏感肌のスキンケアで大事なこと

乾燥肌や敏感肌の人はもともとの体質もありますが、スキンケアによって現状より少し良い状況に持っていくことは可能です。その時に注意が必要なのは、スキンケアの選び方なのです。

今回は、保湿が重要であること、できるだけ肌やさしく自分の体質・肌質に合ったもの、そして刺激の強すぎる洗顔料は避けるということをご紹介しました。どれも基本的なことですが、重要で押さえておきたいポイントです。乾燥肌や敏感肌が気になる人はぜひお試しください。

私のカサカサ肌を変えてくれたのはアヤナス!

乾燥性敏感肌に悩む私が、ヒフミドやビーグレンなど、さまざまな乾燥肌化粧品を試した中で一番良いと感じたのが「アヤナス」です。

アスタリフトも魅力だったんですが、コスパ的に20代のお財布ではまかなえず…(もう30代ですが…)

コスパと効果のバランスが良いアヤナスは1,480円のトライアルから試せるので、ぜひ一度ためしてみてくださいね。

>>アヤナストライアルセットはこちら


-敏感肌・乾燥肌の基礎知識

Copyright© アラサー女子のアヤナストライアル , 2017 All Rights Reserved.